NO IMAGE 太り方

太るのにお菓子はダメ!高カロリーなのに太れない理由がある

お菓子の食べすぎて太っちゃった……という話はよく聞きますが、ガリガリな人がお菓子で太れたケースはありません。なぜなのか?それはお菓子特有の栄養内容。ヤセ体質の人はお菓子を食べたほうが逆に痩せてしまう逆転現象になります。
NO IMAGE 太り方

太る食事内容は一種類集中より米中心プラスα

効率よく綺麗に太る、体格を良くするにはどんなものを食べれば良いのか?そこに明確な答えはないのですが、決まってパターンがあります。やはり米中心のタンパク質摂取。どれか一つでもだめ。主食をメインとしたバランスの取れた食事が一番太れます。
NO IMAGE 太り方

太る主食は米か?パンか?パスタか?ガリガリな人向けはやはり米

ガリガリから体を大きくするなら米が一番です。この理由は日本人古来の主食という遺伝子的要素を除いても、やはり米が適しています。その理由はおかずとの相性です。太るためには主食+おかずの組み合わせが非常に重要だからです。
NO IMAGE 太り方

「太る食べ物・食事=米(炭水化物)」ではない!米だけでは太れない

炭水化物が太るということで米が嫌われている傾向があります。でもガリガリの人が太ろうと思い、頑張って米を食べた。なのに太れないというケースが多いですよね。なんでやねん!?と思うでしょうが、これ、当然なんです。
NO IMAGE 太り方

プロテインで太るのは無理!飲んでもガリガリが太れない理由

プロテインは体を大きくすると理解されていますが、要はただのタンパク質です。消化負担が少ないだけで肉をヘルシーに食べているだけです。なのでプロテインだけで太るのは不可能。体がタンパク質を必要としている状態なら意味がありますが、太るためにはお金の無駄です。
NO IMAGE 太り方

太るためには十分な睡眠が必要~ガリガリの寝不足は太れない

ガリガリのヤセ体質の人は食べることに集中しがちですが、それと同等に重要なのが睡眠です。 睡眠中は重要なホルモンが分泌されるのと、頑張って食べたものを消化吸収した胃腸が休める時間です。 睡眠不足がひどいと誰だって痩せこけてきます。...
NO IMAGE 太り方

太るにはいつ食べるべきか?~朝昼晩おやつの食べ方と内容

夜寝る前に食べると太る。おやつは太る。いろいろ言われていますが、全てダイエットでの話。ではガリガリで太れない人はどうすればいいのか?逆に考えると夜に食べれば太るのですが、実はそれが落とし穴。太るための食事タイミングで重要なのは昼食です。
NO IMAGE 太り方

食べても太れない原因~体質・遺伝もあるが胃腸が重要

なぜ私は太れないのか?遺伝や持って生まれた体質を疑いますが、確かにそれはあります。でもある程度までは努力次第で太れる可能性があります。なぜなら、遺伝などの影響も結局は胃腸に関係しているから。胃腸は後からなんとかできるので、太るチャンスは残っています。
NO IMAGE 太り方

太るための食べ方~胃腸の気持ちになれば簡単

早食いは太ると言われますが、ガリガリな人が早食いをしても全く効果がありません。あれは普通体型以上の人の話。太れない人がするべき食べ方は、胃腸の気持ち、様子を伺う食べ方です。これができれば自然に、かつ綺麗に太っていきます。
NO IMAGE 太り方

太るための運動~筋トレで太れない理由

いい意味で太るために筋トレは人気です。ガリガリで魅力がない体から、男女ともに魅力的なボディラインを作れます。でもガリガリで太れない体質の人が筋トレを頑張っても、普通は失敗します。理由は食事量と栄養吸収効率が増えないからです。ただ筋トレするだけじゃ筋肉は増えないのです。
NO IMAGE 太り方

太るための食事と食べ物~高カロリーだけでは太れない

ガリガリな人が太るために一番重要なのが食事。できるだけカロリーを取り入れたいのは分かりますが、高カロリーな食事メニューは案外と太れません。なぜなら胃腸の負担が大きくて、結局は総摂取カロリーが伸びないのです。
NO IMAGE 太り方

太るための飲み物種類~甘い・高カロリーでは太れない

ガリガリな人が太るにはカロリー摂取量を増やすしかありません。でも飲み物にカロリーを求めてはいけません。確実に失敗します。飲み物は食事をより美味しく、スムーズに食べるためのもので、ここで高いカロリーを求めると食欲を消してしまう恐れがあるからです。
NO IMAGE 太り方

太るためにたくさん食べるのは間違い~少食・ヤセ体質の正しい食事の取り方

ガリガリのヤセ体質が太るには、今以上の摂取カロリーが必要。これは間違いありませんが、たくさん食べるということはそれだけ胃腸に負担をかけることになります。太れない人は胃腸が弱いので、たくさん食べることでより栄養吸収効率が悪くなります。脳が「食べたい!」と思うように