太るためにたくさん食べるのは間違い~少食・ヤセ体質の正しい食事の取り方

私は半年で20%の増量をしましたが、食べる量は全く変わっていません。

普通は食べる量を増やして摂取カロリーも増やす。こうしないと太れないはず。

しかし、太るための体の仕組みを考えると、必ずしもたくさん食べる必要はありません。

むしろ、無理に頑張って食べると余計に太れなくなるので注意!このことに気づいていない人は多いと思います。

少食が無理に量を食べると余計に太れない

ガリガリで服が似合わない!だから太りたい!少食だけど頑張って食べています!

一見間違っていない方法ですが、少食な人が無理に量を食べてもまず太れません。

少食な人はなぜ少食なのか?この理由を知らないと食べても無駄になるからです。すぐにお腹が一杯になるけど頑張ってたくさん食べている人は、今すぐそれをやめましょう。

みなさんは気づいていませんが、食事というのは体にかなりの負担をかけます。食後に眠くなりやすいのは、消化のために胃腸に血液が集中するからです。

夜遅くに食べると体に悪いと言われるのは、夜は胃腸が休む時間なのに、消化するべきものが残っていると休めないからです。昼間酷使した胃腸を夜も使い続けると慢性疲労を起こします。

でも胃腸の疲れというのは気づきにくく、多くのヤセ体質の人が気づいていません。胃もたれや胸焼けがなくても胃腸は疲れています。

頑張って無理にたくさん食べると、胃腸の消化吸収効率が落ちます。食べている割に、カロリーが体に入っていません。それでもまた頑張って食べる。もっと胃腸が疲れる。カロリーが入ってこない。この繰り返しです。

私が食事量そのままで太った理由

私は昼食後のなんとなくの体調悪化を避けるために、おかずが悪いのでは?と昼食からタンパク質のおかずを省きご飯だけにしました。

これで20%増量したのですが、理由は胃腸の疲労がなくなって栄養の吸収効率が上がったからです。

どうも昼時に消化が悪いタンパク質を多めに取るとダメな胃腸をしているようです。

今ガリガリで太れない人は、ただ闇雲に量を食べても太れないでしょう。

量よりも胃腸に負担になっているものはないか?というのを探すのが先決。負担になっているものが多くあると、仮にたくさん食べていても無駄になっています。

無理なくたくさん食べて太る方法

私のように、むしろ摂取カロリーが減って太るパターンがあります。それくらい胃腸の負担は太るために避けないといけないことです。

でも、そもそもの摂取カロリーが低すぎる人はどうすればいいのか?

これは今より量を食べないと太れません。さすがに摂取カロリー自体が足りなさすぎると太れません。

ではどうすれば、胃腸に無理なく食事量を増やせるのか?

1.脳にエネルギーが必要なことを知らせる

運動をしたらお腹が空きますよね。あれってカロリーを消費したからですが、脳がその先を予想してエネルギーを求めているから空腹を感じさせているわけです。

運動するとカロリー消費するから太れない。という心配をする人がいますが、ガッツリとエネルギー消費するような運動をしない限り、軽い運動というのは食欲を増して太りやすくなります。

ダイエットしたい人にとっては、普段より食事が美味しく感じられて心の満足感が上がります。だから食べる量を我慢しやすくなります。

太りたい人にとっては、脳がこの先も運動するんだろうな~という予想のもと、何も運動しないより食欲が増します。

脳は生きるために色々な司令を出して、私達に知らせよう、行動させようとします。

軽い運動はエネルギーがこれからも多めに必要だぞ!と脳に思わせられます。

特に血行を良くするような運動だと胃腸の動きも活発になり、より無理なく食べられるようになります。

2.あえて食べないことで胃腸の吸収効率を上げる

少食な人は毎日、できるだけ三食でたくさん食べようとがんばりますよね。でもそれが逆効果。

胃腸が疲れているからです。

私が何もせずに増量したのは、昼食で負担になっていたタンパク質おかずを減らしたからです。それにより消化負担がなくなり、胃腸の疲労が回復。その他の食事でとっていた栄養がしっかりと吸収されて身につくようになったからです。

食べても太れない人は特にこの傾向があります。

なので、1週間の間の1日の内の1食は、おにぎり少しだけとか、あえてあまり食べない日を作ってみてください。絶食まではする必要はないです。

もしくは消化が悪そうなものを減らすとか。私の場合のように。

1日くらい軽く軽く済ませる日を設けても良いと思います。休みの人とか。

体が軽くなる感じがします。これは胃腸の疲れが抜けるからです。

その後また普通に食べます。同じ量でも消化吸収効率が上がっているので、ずっとたくさん食べ続けるより結果的に太れるというわけ。

少食こそ米たくさん+美味しいおかずで太る

米は太るからたくさん食べるというのは正解ではあります。でも米だけでは太れません。

「太る食べ物・食事=米(炭水化物)」ではない!米だけでは太れない

炭水化物メインで、なおかつタンパク質などのおかずも必要。割合にして8:2くらいで炭水化物を食べる感じが理想です。

最終的には、自分の胃腸に負担をかけずに量を食べられる主食、おかず、そのバランスを見つけることです。

だいたいの日本人は白米主体にすればいいのですが、中には違う人もいます。あれを食べたら太りやすいという話は信じないこと。

なぜなら、やせる食べ物なんて毎年新しいものが登場していますが、それで痩せられた人なんてほとんどいないでしょう。太る食べ物なんてものも、決して共通ではないのです。

確率から言うと、ダイエットの世界で言われる「コメは太る」を逆手に取るのが一番。正確には間違いですが、食べ方によって米は太りやすいのは間違いありません。相撲取りがこれで大きくなるので。

なるべく良い米を買ってください。ふるさと納税で手に入れるのがおすすめ。良い米はスーパーの3000円の米より遥かに食べられるので。本当に違いますよ。

そこに塩分味があるおかずがほしいところ。タンパク質と野菜で栄養バランスをとってください。ここはもう栄養とかとりあえず気にしなくていいです。

ただ油ものは避けたいです。消化負担が大きいので。いわゆるご飯のお供になるものが見つかれば勝ちです。

お腹いっぱいに食べる必要はありません。なるべく菌が生きた味噌や納豆など、生きた菌を取り入れてください。胃腸の保護と活発につながるため、ガリガリ体質の人でも栄養吸収効率をアップさせてくれます。

カロリーより、胃腸に負担をかけずになるべく糖質中心で取る。特にタンパク質は消化負担の限度を考えてください。肉や魚などを食べて、お腹が重くなる、だるくなる、もしくは便秘になる、おならや便が臭い場合はタンパク質の消化許容量を超えています。

こうなって初めてプロテインを取り入れるべき。それでもウェイトアップようの糖質が入ったプロテインを選んだほうがいいです。そうでないと、ガリガリ体質の弱い腎臓に負担が大きすぎるからです。