太るためには十分な睡眠が必要~ガリガリの寝不足は太れない

ガリガリのヤセ体質の人は食べることに集中しがちですが、それと同等に重要なのが睡眠です。

睡眠中は重要なホルモンが分泌されるのと、頑張って食べたものを消化吸収した胃腸が休める時間です。

睡眠不足がひどいと誰だって痩せこけてきます。自覚がない睡眠不足でも、あまり食べられない人は痩せる方向に傾きます。

ただぐっすりと毎日寝るだけで、痩せすぎな人は太るし、食べる量だって自然に増えるお手軽な太る方法なんですよ。

睡眠不足が太れない体にする

ガリガリから魅力あるボディラインを作るために太るには、十分な睡眠が不可欠。
十分な睡眠が必要な理由は2つある。
1つは成長ホルモンなどホルモンの分泌のため。
2つ目は胃腸を休めて次の日の消化吸収に備えるため
よく眠るだけで食べられるし太りやすくなる
人は睡眠中に1日の体の疲れを癒やすために、損傷した器官を治す。筋肉が付くのも特に睡眠中。なぜなら成長ホルモンが多く分泌されるから。
この成長ホルモンは十分な睡眠と深い睡眠がないと不足する。寝る子は育つというのはこの成長ホルモンのことを指している。
成長ホルモンが不足すると体は成長しないし、大きくならない。ガリガリな人にも必須のホルモン。
ただダイエットの観点から見ると成長ホルモンが十分に出ることで実は痩せる。だったらガリガリには逆効果で、睡眠不足のほうが太れるのでは?と思うだろう。
でもホルモンというのは体で常に都合のいいように動き働く。成長ホルモンの分泌が脂肪燃焼の作用を見せるのは確かだが、ガリガリな人はもともと脂肪が少ないのでそのような効果は目立たない。むしろ太る方向に強く働く。
ホルモンバランスというのは自律神経とタッグを組んでいる。自律神経が知らない間に交感神経と副交感神経でバランスを取っているように、ホルモンの働きも自然にバランスを取り体を作り維持している。
これを正常に保つことが、痩せすぎな人にはふくよかな体に導き、太り過ぎな人には痩せる方向に導く。人の体は環境され整えれば非常に良いようにできている。そのために睡眠がとても重要。太りたいなら寝不足は絶対にダメだということ。

十分な睡眠を取らないと胃腸の疲れが残る。胃腸の疲れは少食を招き、食べたものの消化吸収効率を阻害する。
人は基本的に胃腸の疲れを感じない。なんとなくダルいという疲れの多くは胃腸のせいだが、それが胃腸であることに気づいている人は少ない。