太る主食は米か?パンか?パスタか?ガリガリな人向けはやはり米

私は普段の主食が米です。日曜だけ朝食にパンを食べることがあります。たまに夕食にパスタ。まあだいたい米です。

太るためには主食が一番重要です。タンパク質も必要ですが、ガリガリのヤセ体質から一般的な体型になるには、タンパク質より炭水化物が重要です。

では主食となる炭水化物は何がいいのか?

日本人だから、という遺伝的な要因を除いても、やはり米が一番太るのに適しています。

大柄なスポーツ選手は米で大きくなっている

  • お相撲さん
  • プロレスラー
  • ラグビー選手
  • 競輪選手
  • 野球選手

こういった体が大きなスポーツ選手は、食事の際のご飯量がかなり多いです。

特にお相撲さん(関取)は食べることも稽古といいます。その他のスポーツ選手も食事はトレーニングの一部と言いますよね。

相撲取りの新弟子のときは無理やりご飯を詰め込みます。ノルマで丼飯3杯とか。かなりヒョロヒョロな新弟子も泣きながら食べたりします。

これがもし肉だったら無理です。消化負担が非常に大きいからです。米だからまだ食べられるのです。

米も決して消化が抜群に良いわけでもないのですが、

  • 比較的量を食べやすい
  • それなのに栄養価が高い

というメリットがあります。

中にはタンパク質のほうが胃腸に合っている人もいます。でもガリガリ体質の人は肉類中心で太れる人は稀です。

ご飯を食べても太れない人は「おかず」が悪いから

ご飯をしっかり食べているけど太れないよ?

ご飯を多めに食べているけど太れない人は多いです。この理由は胃腸の消化疲れがあるからです。

「おかず」が悪いのです。

ご飯自体は胃腸に合っているものの、一緒に食べているおかずが消化負担になっています。そのためお米の消化吸収まで邪魔されて栄養が入ってこないのです。

ガリガリ体質、太れない体質の人で目立つのがタンパク質の消化力です。

タンパク質の消化酵素が先天的に少ない場合、ちょっとした肉食で胃もたれします。胃もたれまでいかなくても胃腸はかなり疲れており、気づかない間に慢性胃腸疲労になり栄養を垂れ流しています。

脂質の消化酵素が弱い人も同じです。

ハイカロリーな食事ほど油分が多いです。3大栄養素の中で脂質が9kcalと一番高カロリーですからね。油分の消化に胃腸が疲れてしまい、米の栄養もまともに吸収できずに太るだけのカロリーが取り入れられていないのです。

だから、

米が進む かつ 胃腸負担がない

という「おかず」「ご飯のお供」を探し見つけられると、面白いように体重が増えます。

これだけで半年10~20%以上の体重増が見込めます(私がそうでした。3ヶ月で10%増)。

ちなみに、米やパン、パスタだけでは太れません。その理由は以下で書いています。

「太る食べ物・食事=米(炭水化物)」ではない!米だけでは太れない

パンより米が太れる理由~日本人かどうかは関係ない

米以外の主食はダメなのか?

太るために米という例を出したのは理由があります。別に米以外でもいいんです。

  • おかずとの組み合わせで食べられる量が増える(食が進みやすい)
  • 日本人古来の食物で体質に合いやすい(関係ないという説もあり)
  • 同じ主食のパンより油分、塩分がないため胃腸負担の心配がない
  • 多くのおかずと合いやすい

という理由からです。

なので、パスタやうどん、といった麺類でもいいでしょう。ただ塩分過多になりやすいので量を食べる際は注意が必要です。

別に日本人だから、というわけでなく、以上の理由から米が一番胃腸負担なく量を食べられる食物なのです。

いろんなおかずと合わせやすい。炊いた米も冷凍なので保管もしやすいですしね。パスタとかは一度湯がくと後は伸びる一方ですが、米はレンジでチンしてもそれなりに美味しく食べられます。

アメリカ人がほとんど肉やパンであれだけデブっているのは、単純に胃腸の消化酵素がそれに向いているからです。日本人には真似できません。

また、日本人であっても米食が合わない人もいます。米食をやめてから体調がすこぶる良くなった人もいます。同じ日本人でも胃腸の個人差はあるということ。

だから太れる主食は米だ!とも絶対言い切れません。主食だけでなく、主食+おかずで食べないと太れないからです。

「太る食べ物・食事=米(炭水化物)」ではない!米だけでは太れない